示談交渉依頼の利点


交通事故による被害を受け、示談交渉をすることになったとき、弁護士にその交渉を依頼する利点には、何があるでしょうか。このページではそれを説明していきます。

示談交渉が始まると、まずは保険会社から示談金の提示があります。その金額が適正であれば何の問題もありませんが、もしも少なすぎると感じたならば、それは弁護士の出番です。専門家に相談しましょう。疑問に思ったことを放置するのは、良い選択とはいえません。たとえ保険会社の担当者がとても丁寧に対応してくれたとしても、彼らは決してあなたの利益のために働いているのではありません。あなたがより大きな利益を享受することは、相手がより損をすることでもあります。彼らはあなたの見方ではありませんが、弁護士はあなたの利益のため、あなたが適正な示談金を受け取れるようにするために働いてくれます。疑問を感じたのならば、弁護士に相談することをためらわないでください。

弁護士に示談交渉を依頼すれば、多くの場合保証金が増額されます。また、多くの資料の準備や書類作成の手間を大幅に軽減することが出来ます。そしてこれらの利点は、同時にあなたの精神的負担まで軽減してくれます。弁護士に依頼をすれば、示談が成立した後に、もっと多くの示談金を受け取れたのではないか、と後悔することもなくなります。