示談交渉を任せるか


交通事故に遭ってしまい、示談交渉を行うとなったとき、交渉は自分で行うべきか、それとも弁護士に依頼して行ってもらうべきか、どちらなのでしょうか。もちろん、よりスムーズに交渉と手続きを行うためには、弁護士に依頼するのが楽な方法です。しかし弁護士に交渉を依頼すれば、当然弁護士費用がかかります。このページでは、どういった倍位では弁護士に依頼した方がいいのかを説明します。

弁護士に依頼した方がいい場合のひとつが、弁護士費用特約に加入している場合です。これは自動車保険の特約の一つで、保険会社が交渉を行えないときに、弁護士費用を300万円まで負担してくれるという制度です。この特約がある保険に加入しているのなら、確実に弁護士に依頼したほうが良い結果を得られると言えます。また、もうひとつは、示談交渉を行う時間的余裕が無い場合です。お仕事などで忙しい時事故に遭ってしまうと、示談交渉のための時間が取れない場合があるでしょう。そのような場合では、弁護士に依頼して時間的・精神的負担を軽減してもらいましょう

最期は、保険会社がまともに交渉に応じてくれない場合です。もし保険会社に足元を見るような金額を提示された場合などには、弁護士に依頼することで適正な金額を受け取れるようになるのです。